鼻毛を抜くと痛い!3つの痛みを和らげる方法をお伝えします!

 

 

鼻毛を抜くのってちょっと快感じゃないですか?笑

 

 

毛抜きにつままれている1本の長い鼻毛を見て、

「こんなに長くて太い毛が鼻の穴の中にあったんだ…」

と、恍惚な表情になってしまうときもあると思います。

 

 

 

 

でも、鼻毛を抜くのは痛いんですよね…

 

 

 

 

キューッと目の奥に響くような痛みで絶対涙が出てきます。

 

 

 

 

この我慢できない痛みをなんとか和らげて鼻毛を抜きたくないですか?

 

 

 

 

この記事では、鼻毛を抜いたときの痛みを和らげる3つの方法をお伝えます。

 

 

ぜひ今夜からでも試してみてください!

 

 

 

 

目次

「鼻毛を抜くと痛い!」から抜け出す3つの方法

鼻毛を抜くと痛いという悩みから抜け出す3つの方法

 

①入浴後の毛穴が広がったタイミングを狙え!

 

入浴中は汗をかいて老廃物を体外に排出するため毛穴が広がります。

 

 

その毛穴が広がったタイミングで鼻毛を抜きましょう!

 

 

 

お風呂の中では鏡が曇っちゃうので、
お風呂から出て5分以内を目安に抜くといいでしょう。

 

 

 

普段よりも鼻毛を抜く痛みが抑えられるはずです!

 

 

②鼻毛は一気に引っこ抜く!

 

恐る恐る鼻毛を抜いていませんか?

 

 

鼻毛はゆっくり抜くほど痛みが増幅します。

 

 

 

だから鼻毛を抜くときは、その一瞬に力を込めて一気に引っこ抜いてください!

 

 

 

毛抜きを鼻に入れて鼻毛をキャッチしたら、
頭は後ろ、毛抜きを持つ手は前に動かして勢いよく抜きます。

 

 

 

慣れてくると勢いよく抜くコツを掴めてくるので、何度か練習してみてくださいね。

 

 

 

ただし、頭や手を壁や鏡にぶつけないように気をつけてください。

 

鼻毛を抜く痛みどころじゃなくなってきますから(笑)

 

 

 

③100均の毛抜きはNG

 

あなたはどんな毛抜きを使って鼻毛を抜いていますか?

 

 

100均の毛抜き?家にある毛抜きを適当に使っている?

 

 

 

もし、安物の毛抜きを使っているなら、
最低でも500円〜1,000円以上の毛抜きを購入してみてください。

 

 

 

 

毛抜きはピンきりですが、安物は鼻毛を上手く掴めないことがあるのでオススメできません。

 

 

 

 

それと、毛抜きで鼻毛を引っ張ったけど、
鼻毛は抜けずに痛みだけ残るという経験はないですか?

 

もし、このような経験があるなら毛抜きの質の悪さが原因です。

 

 

 

良質な毛抜きなら鼻毛をきっちりと掴んだまま、キレイに引っこ抜いてくれますよ!

 

 

 

ネットや近くのドラッグストアなんかで、
ちょうどいい毛抜きが売ってあると思うので探してみてくださいね。

 

 

 

痛みは和らいだけど…鼻毛を無理やり抜くのはほどほどに

鼻毛を抜くのはほどほどにしとけよと思っている猫

 

鼻毛を抜く痛みが和らいだことで、鼻毛を抜く事に拍車がかかるかも知れません。

 

 

 

でも、鼻毛を抜きすぎるのは厳禁

 

 

 

鼻毛を無理やり引っこ抜くと、鼻の穴の中の毛穴が炎症を起こして化膿する恐れがあります。

 

鼻の穴の中が、大量のニキビだらけになったことを想像してみてください…

 

 

鼻に触れるたび鼻の中がズキズキ痛むんです。

鼻の中からは膿がでてきて、鼻をかむ行為さえ痛みを伴うようになります。

 

 

 

 

特に、脳に近い鼻の奥にある鼻毛は抜かないように注意しましょう。

 

 

あなたの命を脅かす危険を回避するためにも。

 

 

 

鼻毛を抜いてもいいですが、ほどほどにしといてくだしさいね。

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる