介護脱毛とは?男性の老後を真剣に考えるきっかけに!

 

介護脱毛という言葉はチラッと見たり聞いたりしたことはあるけど、説明できるほどの知識を持っている方は少ないはずです。

 

 

 

今のあなたの頭の中には、、、

 

「介護脱毛とは何?」

「介護脱毛はなぜ必要?」

「誰がするべきなの?」

「介護脱毛はどこに行けばできる?」

 

など、色々な疑問が渦巻いているのではないでしょうか?

 

 

そこで今回は、先ほど列挙したすべての疑問に答えてみたいと思います!

 

 

 

この記事さえ読んでおけば、

「介護脱毛とは?」という質問にサラッと答えられるようになりますよ。

 

 

 

 

目次

話題になりつつある介護脱毛とは?

 

介護脱毛と言われても、
日本人の半数以上は「?」が頭に浮かんでくるはずです。

 

 

しかし、介護に携わっていたり脱毛に興味がある方なら情報として知っていてもおかしくありません。

 

 

では早速、介護脱毛の定義をお伝えします。

[st-minihukidashi fontawesome=”fa-question-circle” fontsize=”90″ fontweight=”bold” bgcolor=”#03A9F4″ color=”#fff” margin=”0 0 0 0″]介護脱毛とは?[/st-minihukidashi]

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”” bgcolor=”#E1F5FE” borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=””]

介護を受ける将来に備えて主に陰部を脱毛すること

[/st-mybox]

 

 

シンプルに言い換えると、

『介護脱毛 = 陰部脱毛』

こうなります。

 

 

陰部を脱毛して、介護される側・介護する側の双方に快適な介護生活をもたらそうというのが介護脱毛なんですね。

 

 

なぜ、最近になって介護脱毛が注目を浴びたのか?

介護、脱毛のどちらとも最近になって始まったことではありません。

 

 

それなのに、なぜ最近になって介護脱毛が注目されているのでしょうか?

 

 

 

介護脱毛が注目されている理由は2つ考えられます。

 

1つは『介護の負担が増加したこと』

 

 

介護士や家族介護者の負担が社会問題になっていることはニュースで耳にしたことはあると思います。

 

介護うつになって心中をしたり、介護士の長時間労働などが問題になっているように介護の負担を少しでも減らす必要に迫られているんです。

 

 

その介護の負担を減らす手段の1つとして介護脱毛が注目されたと考えられます。

 

 

 

 

もう1つの理由は『脱毛技術が向上したこと』

 

 

数十年前までの脱毛は、
激痛・超高額が当たり前でした。

 

 

針を毛穴にブッ刺して1本1本毛を抜くという、
拷問のような気の遠くなる作業を数時間〜10時間も耐え続けなければならなかったんです。

 

それなのに、脱毛料金は数十万円〜百万円を超えることも珍しくありませんでした。

 

 

 

しかし最近では、
痛みがかなり抑えられ、施術時間も短縮して、数千円・数万円からでも脱毛できるようになりました。

 

 

だから一昔前に比べて”気軽に”脱毛できるようになったというわけですね。

 

 

 

このように、
『介護の負担増加』『脱毛技術の向上』によって介護脱毛が一般に普及しやすくなったことで注目が集まったと考えられます。

 

 

 

なぜ介護脱毛が必要なのか?

 

介護脱毛が介護の負担を減らす手段の1つと言いましたが、具体的にどのような負担を減らしてくれるのでしょうか?

 

 

 

もしかすると、どのような負担が減るのか想像できているかも知れませんが、

 

具体的には『陰毛に付く排泄物処理』の負担が減ります。

 

 

 

 

陰毛にこびり付いた排泄物の処理は思いのほか大変なんです。

 

 

いま私たちはトイレが終わったらすぐにトイレットペーパーでお尻を拭きますよね。

またはウォシュレットで洗い流してからお尻を拭くと思います。

 

 

 

しかし、介護を受ける方は全員が一人でトイレに行けるわけではありません。

 

 

国土交通省の調査によると、
排泄について半分以上の要介護者が【要介護2〜要介護5】に認定されています。

要介護2:何らかの介助を必要とすることがある
要介護5:ほとんどできない。全介助が必要

紙オムツに関する基礎情報(国土交通省)

 

 

 

つまり、オムツを履いた状態で介護を受けるわけですね。

 

当然、オムツを履いた状態で排泄するので陰毛に大量の排泄物がこびり付きます。

 

 

 

陰毛に排泄物がこびり付くことは仕方がないとして、陰毛に絡まった排泄物は非常に拭き取りにくいという問題があるんです。

 

 

 

特に排泄から時間が経っていると排泄物が乾燥して、何度もゴシゴシ拭き取らなければ綺麗になりません。

 

 

逆に、赤ちゃんのようにキレイなお尻であればササッとうんちを拭き取れるますよね?

 

 

だから、陰毛を脱毛して介護者の負担を減らすという意味で介護脱毛は必要とされているんです。

 

 

⇒その他の介護脱毛の必要性はこちらの記事をチェック

[st-card id=1228 label=”詳細はこちら” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

 

 

 

誰が、どの世代が介護脱毛をするべき?

 

誰が、どの世代が介護脱毛をするべきなのかは一概に言うことができません。

 

 

すごく大胆な言い方をすると介護を受ける可能性がある人全員です。

 

つまり、誰しもが介護脱毛をしておくべきということ(笑)

 

 

 

一般的に親の介護を意識し始めるのは『48歳』、介護が始まったのは『51歳』だそうです。

 

介護を自分の問題として考え始めるのは40代、50代あたりということですね。

 

 

 

しかし、40代、50代から介護脱毛を始めるのは少し遅いかも知れません。

 

なぜなら陰毛に白髪が混ざり始めている可能性があるからです。

 

 

だから40代の時点では陰毛の脱毛が完了していることが望ましいんです。

 

もちろん人によって陰毛が白髪になる年齢は違いますから一概には言えませんが、介護脱毛を始めるのが早いほどベターってこと。

 

 

逆に40代に突入、もしくは40代を過ぎているのであれば迷うことなく陰毛脱毛を始めるべきとも言えます。

 

 

 

介護脱毛はどこに行けばできる?

 

介護脱毛は脱毛クリニックに行くことをオススメします。

 

 

”脱毛”はエステ脱毛やサロン脱毛もありますが、どちらも永久脱毛ではありません。

 

エステ脱毛やサロン脱毛だと、
介護を受ける頃には脱毛した跡形もなく陰毛がボサボサに生えてきてしまいます。

 

 

 

だから介護脱毛では、

脱毛クリニックの医療脱毛を受けるようにしましょう!

 

 

 

医療脱毛なら永久脱毛効果を発揮できます。

 

「脱毛したのに毛が生えてきた…」ということが無いように、必ず永久脱毛できる医療脱毛を選ぶようにしてください。

 

これは必須事項です。

 

 

 

 

そして男性ですから、

男性専用の脱毛クリニックに通った方が効果が出やすくなります。

 

特に陰毛は男性と女性で形状や毛の太さが違うので、男性脱毛に特化している男性専用の脱毛クリニックから探してみてくださいね。

 

 

後もう1つ付け加えるとしたら、
”陰部脱毛を実施している脱毛クリニック”も条件に入れておいてください。

 

 

稀にですが陰部脱毛は対象外の脱毛クリニックがあるので、必ず公式サイトを見て陰部脱毛できるかどうか確認しましょう。

 

 

 

 

まとめると・・・

 

陰部脱毛できる男性専用の脱毛クリニックを選びましょう!ということです。

 

 

 

陰部脱毛の相場は10万円前後ですから、
あまりにも安すぎると悪徳業者の可能性があり、高額すぎるとぼったくりの可能性があります。

 

 

 

あなたが通える範囲の中で10万円前後で陰部脱毛できるクリニックを探してみてくださいね!

 

[st-midasibox title=”合わせて読みたい記事” fontawesome=”fa-file-text-o faa-float animated” bordercolor=”#757575″ color=”” bgcolor=”#FAFAFA” borderwidth=”” borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

[st-card id=1228 label=”合わせ読む” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

[/st-midasibox]

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる