私がチン毛処理に愛用しているカミソリはコレ!使用時の3つの注意点もお伝えします!

 

いくつかのカミソリを試して辿り着いた、

チン毛処理に最適なカミソリがコレ↓

 

 

【ジレット フュージョン 5+1 プログライド】

チン毛剃りに最適なカミソリのジレット

 

 

ヒゲ剃りにも使っているジレットですが、
チン毛剃りにもピッタリなんですよ!

 

 

剃り心地抜群で、剃り残しが少ないから股がチクチク痒くなりにくいんです。

おまけにお手頃価格だから愛用し続けられるという点がポイント高いんですよね。

 

 

 

ぜひあなたにもチン毛剃りにジレットを使って欲しいから、
数あるカミソリからジレットを愛用している理由をシェアしたいと思います。

 

 

 

そして、ジレットでチン毛を剃るときの注意したいポイントも紹介するので参考にしてみてくださいね!

 

 

 

 

 

目次

チン毛処理のカミソリにジレットを愛用している3つの理由

 

[st-midasibox title=”ジレットを愛用する理由” fontawesome=”” bordercolor=”” color=”” bgcolor=”” borderwidth=”” borderradius=”” titleweight=”bold”]

  1. 陰部の複雑な形状にフィットする
  2. 極薄5枚刃が剃り残しを許さない
  3. 1,600円で1年は使い続けられる

[/st-midasibox]

 

 

ジレットを愛用する理由を詳しく説明していきます!

 

 

 

 

①陰部の複雑な形状にフィットする

 

ジレットには手を複雑に動かさなくても肌にフィットする

【フレックスボールテクノロジー】を採用しています。

 

 

チン毛の形状にフィットするカミソリのジレット

 

 

このお陰で股の食い込み部分金玉との境目など普通のカミソリでは剃りにくい部分も簡単に剃れるんです!

 

 

剃毛に失敗して血が出るということもないですし、チン毛剃りには嬉しい機能ですね。

 

 

ビジネスホテルにあるような刃が固定されたカミソリだと、肌にフィットしないので剃り残しや出血が多くなります。

 

 

 

【フレックスボールテクノロジー】こそ、
ジレットを愛用している一番の理由かも知れません。

 

 

 

②極薄5枚刃が剃り残しを許さない

 

ジレットの5枚刃のお陰で、
チン毛を剃っていても毛の引っかかりを感じないんです。

 

 

2枚刃や3枚刃の安いカミソリも試したことがあるんですが、毛の引っかかりが痛くて途中で剃るのを断念しました。

 

 

ジレットの5枚刃だと、
ゆっくり剃ったとしても引っかかりを感じないのでスムーズにチン毛を剃ることができますよ!

 

 

③1,600円で1年は使い続けられる

 

ジレットは本体と替え刃5個付きで1,604円なんです。

 

 

チン毛の処理に最適なカミソリのジレットを売るAmazon

 

これで1年は普通に使えますから、
めちゃくちゃ経済的ですよ!

 

 

使い心地が良くて経済的だから、ずっと愛用しちゃうんですよね。

 

 

それでは次にジレットでチン毛を剃る時の注意ポイントをお伝えして終わりにしたいと思います。

 

 

愛用カミソリ【ジレット】でチン毛を剃る時の注意ポイント

愛用カミソリでチン毛を剃る時の注意ポイントをチェック

 

[st-midasibox title=”3つの注意ポイント” fontawesome=”fa-exclamation-circle faa-flash animated” bordercolor=”#f44336″ color=”” bgcolor=”#ffebee” borderwidth=”” borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

  1. シェービングフォーム、ボディソープを使う
  2. 逆剃りしない
  3. 焦らない、焦らない

[/st-midasibox]

 

 

この3つのポイントに注意すると、
綺麗に怪我なくチン毛を剃ることができます。

 

 

シェービングフォームがなければ、
お風呂場のボディソープで代用しても問題ありません。

 

 

 

そして、逆剃りは最後の仕上げのとき以外は避けるようにしましょう。

いきなり逆剃りすると皮膚をエグッて出血することがあります。

 

 

最後にチン毛の処理は焦らないこと!笑

 

 

お風呂の時間が長くなっても、チン毛は焦らず丁寧に剃ってくださいね。

 

 

【次ページ】実践!安全なチン毛の剃り方とは?

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる